全 国 ・ 電 波 ホ ッ ト ス ポ ッ ト 探 検 隊



探 検 隊 結 成 1 周 年 記 念
テ レ ビ 朝 日 タ モ リ 倶 楽 部 に 出 演 し ま し た!
収録日:2015年12月12日(土)
放映日:
2016年 2月13日(土) AM0:20 - 0:50 関東地区
都内のホットスポットを隊員 5名とタモリさん・東京03の飯塚さん、角田さんで探検しました。
収録時のスタッフは総勢20名ほどでした。


Youtubeで見る事が出来るかも?

Youtubeで タモリ倶楽部 電波ホットスポット探検隊で検索してみてください。

-------------------------------------------------------------------
全国・電波ホットスポット探検隊は
2014年 11月 28日( 金 )  に暫定最強ホットスポット中野発祥地からスタートしました。

J G 1 U N E 小暮さん J G 1 C C L 内田さん J A 7 B I J 月館さん( 当日、青森県・八戸市から緊急参加 )
C Q 出 版 社 甕岡さん M P L 高橋の5名が参加しました。

送信所からかなりの距離がある場所で、外部アンテナを使わない無電源ラジオが大きな音量で快適に鳴る。
嘘か真か、自分の製作したラジオで試して欲しいと集まってもらいました。
J  A 7 B I J 月館さんは、たまたま当日用事があり都内で泊まるからと言う事でむりやり参加してもらいました。
探検後、中野にある美味しい蕎屋さんで

2015年 12月 4日に収録で移動するコースを検討する為の事前ロケハンを行いました。
J G 1 U N E 小暮さん、J G 1 C C L 内田さんとMPL 高橋の3人が参加。
目的のビルでは撮影許可が下りず、代替地を探すべき車で移動。
朝10時に集合、夕方4時に解散となりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
収 録 に 参 加 し た 隊 員

J G 1 U N E 小暮さん J G 1 C C L 内田さん  今 村 さ ん 夫 妻  M P L 高 橋

収 録 し た 移 動 コ ー ス

新 宿 区 
落合公園  AM9:15に集合 AM10:00収録開始 AM11:05移動開始


成子坂にある住友不動産ビルの柱周辺と隣接するマンション

中 野 区
中野坂上にある住友不動産ビル PM0:54頃に収録終了

中野坂上のホットスポットもかなり強力に受信出来る


小林少年もここで収録直後に間に合いました。
当日は弁論大会に出てから、お父さんの車で駆けつけました。

撮影許可が下りた場所でのホットスポット探検でした。

収録したロケ地におけるシミュレーションは、JG1UNE 小暮さんにお願いしました。

ロケ地のシミュレーション.pdf

収録当日、持参したラジオです。

小暮さんのラジオ

後半で使用した・・フリスク・ラジオ








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内田さんのラジオ
     今村さんのラジオ     小林少年のラジオ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MPL高橋のラジオ



MOSFET、ゲルマニウム・ダイオード、LED、LDの合計9つの検波素子を切り換える事が出来ます。
ホットスポットでLEDが実際に点灯し、音声も問題なく聴こえる事を確認してもらいました。


タモリさんが使用したラジオ・・両側ハンドルに首掛けストラップを取り付けました。
MOSFET検波ラジオをゲルマニウム・ラジオに変更してあります。
注:CQハムラジオ別冊 QEX Japan No.11( 2014年5月19日発売 )に掲載されました。
記事タイトル:無電源MOSFET検波ラジオの製作




  
これ、何だか分かりますか?と、番組冒頭で飯塚さんがタモリさんに質問したラジオです。



バー・アンテナを変更して収録で角田さんが使用しました。


東京03 飯塚さんが使用したラジオ 妙な同調ラジオ




小暮さん、内田さん、今村さんが使用したヘッドホン SONY DR-3C   10kΩ 45年ほど前の現役
金属部分に錆びはありません。

  

MPL高橋のヘッドホン SONY DR-1C  10kΩ 50年前の現役
金属部分に錆びはありません。




タモリさんにプレゼントしたラジオは内田さん製作のジュニア用です。
内田さんのラジオで紹介しています。

2015年暮れに東京スカイツリーからTBS、文化放送、ニッポン放送のFM補完放送が開始されたので、2016年は無電源FMラジオでホットスポット探しを始めます。


無 電 源 ワ イ ド F M - S D R 
1SS16 ショットキー・ダイオードを使用

Wide FM SDR( Schottky diode Dectector Radio )




全国・電波ホットスポット探検隊 隊員募集中です。
隊員資格は、国籍・性別・年齢不問です。 ジュニア隊員は大歓迎です!
入会金や会費はありません。
実際にホットスポット探検に積極的に動ける方が最優先です。
( 居住地や旅先での詳細レポートを希望します。レポートは随時掲載します。)
首都圏で行われるラジオ製作教室などにも協力しています。
隊員同士の情報交換、ジュニア向けのゲルマニウム・ラジオ製作会などを基本にしています。
とりあえず入会して探検に参加しない・・と言う方はご遠慮ください。

注: 費用が掛かるのは以下の場合です。
  ホットスポット探検に関し、打ち合わせ等での飲食は各自実費を負担
   製作に関する費用は各自の実費負担になります。
   製作物に関しては強制ではありません。

隊員になると良い事が有るのか? 
会費等が無いので、期待しない方が賢明です。
雑費は隊員がホットスポット、ラジオ関連の記事を書いた原稿料で賄っています。

自作したアンテナ・コイルのインダクタンス等の測定・比較は実際に使用する周波数で測定します。

但し、実験や記事を投稿する際に測定が必要な場合は内容によっては測定環境を用意します。
LCRメーター スペクトラム・アナライザ ネットワーク・アナライザ シンセサイザなど
最新の環境とは言えませんが、贅沢を言わなければ大体の事が出来るかも。
各種レシーバー( 受話器、クリスタル・イヤホン、マグネチック・レシーバーなど )の貸し出しも出来ます。
マグネチック・レシーバー( 1.6kΩ 、2kΩ、4kΩ ) および ダイナミック・レシーバー( 5kΩ、10kΩ、20kΩ )を
マルチタップ・トランスを併用した場合と直結した場合の音質の差等を実感出来ます。
国内では入手が困難な30 - 50年前のデッド・ストック品ばかりです。

戻る